私がバストアップに成功したナイトブラやバストアップサプリを紹介

menu

バストアップ方法

バストアップに効果的なイソフラボンの適正摂取量とは?

バストアップイソフラボン摂取量

バストアップする方法は、豊胸手術だけだと思っていますか?

いいえ、そんなことはありません。

 

今、注目されているバストアップ方法というのが、胸を大きくする成分を含む食材を食べて、胸を大きくする方法。

特に、イソフラボンがもつバストアップ効果に注目が集まっているのです。

今回は、イソフラボンがもつバストアップ効果、また、適切な摂取量などをお伝えしていくので、参考にしてみてください。

 

バストアップに効果的?イソフラボンが胸を大きくする理由

バストアップイソフラボン摂取量

出典:antiaging-life.info

バストアップに効果的と言われるイソフラボン。

しかし、なぜイソフラボンがバストアップに効果的と言われているのでしょうか?

それは、胸が大きくなるメカニズムを知ることで理解できるようになります。

 

胸が大きくなるのに必要なのが、女性ホルモンの分泌

女性ホルモンが分泌されることで、胸の中心組織である乳腺が発達し、胸を大きくすることができるようになるのです。

 

女性ホルモンの分泌を促すのに効果を発揮するのが、イソフラボン。

大豆などに含まれるイソフラボンは、別名植物性イソフラボンとも呼ばれ、女性ホルモンと同じような働きをするのです。

なので、イソフラボンを摂取することで、胸を大きくすることが期待できるのです。

 

イソフラボンを含む食材一覧

バストアップイソフラボン摂取量

出典:healthil.jp

イソフラボンがバストアップに効果的ということがわかったところで、イソフラボンを多く含む食材を見ていきましょう。

イソフラボンは、大豆製品に多く含まれています。

 

食品名 含有量
豆腐 1丁(300g)あたり約80㎎
納豆 1パック(45g)あたり約35.5㎎
豆乳 1本(200g)あたり約41㎎
味噌 大さじ1(18g)あたり約7.2mg

 

ただし、イソフラボンの過剰摂取は禁物

バストアップイソフラボン摂取量

出典:be-body.info

ただ、イソフラボンがバストアップに効果的と言っても過剰に摂取するのはNGです。

過剰にイソフラボンを摂取しすぎると、ホルモンバランスに影響を与えてしまう可能性のがあるので、注意が必要です。

特に、妊娠中や授乳中の人は、ホルモンバランスが乱れやすいので、あまりイソフラボンを摂取しないようにしたほうがいいかもしれませんね。

 

1日の摂取量の目安は、約30mgと言われています。

この上限値を超えてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまう可能性があるので、意識しておきましょう。

納豆1パックや豆乳1本で摂取量をカバーできるので、イソフラボンでバストアップを狙っているのであれば、参考にしてみてください。

 

他にもまだある!バストアップに効果的な成分

バストアップイソフラボン摂取量

出典:monipla.jp

今まではイソフラボンにばかり注目してきましたが、イソフラボン以外にもバストアップに効果的な成分はあります。

イソフラボンと合わせて摂取していくことで、よりバストアップ効果を期待することができるので、積極的に取り入れていきましょう。

 

タンパク質

女性ホルモンを増やして乳腺を発育させることも重要ですが、胸の筋肉を作ることも大切です。

特に、胸全体を支える役割を果たす大胸筋を鍛えることで、美しいバストラインを保つことができます。

これらの食材には、動物性タンパク質が豊富に含まれているので、胸の筋肉を鍛えたいのなら取り入れてみてください。

  • 牛・豚のヒレ肉
  • 鶏ささみ
  • まぐろ・かつおなど赤身の魚

 

脂肪

バストの大部分は、脂肪でできているので、脂肪をつけることも大切です。

脂肪分多めかつ、筋肉をつけるタンパク質も豊富なチーズやアボガドがバストアップにはおすすめ!

日常に取り入れやすい食べ物なので、参考にしてみてください。

 

ボロン

ボロンは、女性ホルモンの働きを活性化させる成分。

キャベツに多く含まれていることで有名です。

キャベツを食べ続けたことで実際にバストアップに成功した人もいるようで、その効果は実証済み。

1日に3分の1以上のキャベツを食べるの適正量なのだそうです。

 

炭水化物

ダイエットをしている人は、炭水化物を抑えがちですが、炭水化物を制限し過ぎるのはよくありません。

炭水化物が不足すると、体内に蓄えられるエネルギーが不足します。

エネルギーが不足すると、体内の脂肪を燃焼してエネルギーとしてしまうので、胸の脂肪まで減ってしまう危険性があります。

確かに、炭水化物を抑えることでダイエットには繋がりますが、制限し過ぎるのはバストアップ的に良くないことなので、しっかりバランスを考えましょう。

 

簡単で効果的!イソフラボンでバストアップを狙おう

バストアップイソフラボン摂取量

出典:healthil.jp

大豆製品に含まれるイソフラボンにはバストアップ効果があります。

胸を大きくする方法といえば、豊胸手術が思い浮かびがちですが、日常生活の中でも胸を大きくしていくことはできるので、日常生活の中から少しでも胸を大きくする方法がないかと探している人はぜひ参考にしてみてください。

また、イソフラボン以外にもバストアップに効果的な成分はあるので、合わせて活用してみてください。

 

 

おすすめのバストアップアイテム

nightbura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31