私がバストアップに成功したナイトブラやバストアップサプリを紹介

menu

バストアップ方法

プエラリアは危険だし太るの?副作用を徹底解説!

副作用の危険性

今回は、プエラリアの危険性や副作用について詳しく解説していきたいと思います。

最近ニュースにもなっているプエラリアなのですが・・・

実際のところ、本当に危険性や副作用があるのでしょうか?

 

そもそもプエラリアはバストアップに必要な食べ物として、多くの人に愛されてきた成分です。

ですが、最近ではプエラリアを服用すると、危険であるとか副作用があるなどの口コミが多々あるようで、プエラリア成分を主体に扱っているサプリメント会社が大ダメージを受けているようです。

という事で今回は、プエラリアは本当に危険で副作用があるのか?と言うところを詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそもプエラリアとは?

考える

まずは、プエラリアについて詳しく解説していきます。

プエラリアは先ほども言いましたが『バストアップ効果』のある植物になります。

 

プエラリアの原産国

プエラリアの原産国はミャンマーやタイになります。

ミャンマーやタイの国境付近に原生する希少なマメ科・クズ属の植物のことですね。

このプエラリアは非常に希少な植物であるため、原産国のタイ王国以外の国への輸出が許可されるのは加工品のみとされています。

 

希少とされている理由としては、この植物の栽培は、気候など栽培環境が大きく関係してくるからです。

つまり、非常にデリケートな植物であるため、入手が難しいとされています。

 

しかも現在ではプエラリアの効能に惚れ込んだ研究機関や大学が、もっと質の良いものを作ろうと、独自の手法で栽培に成功しています。

また、独自で栽培したプエラリアをブランド品として使用した商品もあるほどです。

日本では『夢美人芋』という名前で増殖栽培に成功しており、認定農作物として登録されました。

プエラリアと聞くとなんかおしゃれなイメージがするんですが、夢美人芋というと一気にモッサい感じになりますね。

ちなみに、プエラリアはこんな感じです。

 

古くから美容面・健康面に優れた植物として有名

最近では『プエラリアは危険だ!』みたいな報道がたくさんありますが、実際は古くから健康面や美容面で優れた効果を持つ植物として非常に有名なんですよね。

この植物を普段から食べているタイの村では、ほとんどの女性が美しいプロポーションをしているみたい。

確かにタイの女性は、日本で言う女優級の容姿を持っている人がたくさんいる事でも有名

 

プエラリアには種類がたくさんある

実はプエラリアは1つの種類だけでなく、5つの種類に分類されます。

これは驚きですね!

主に色によって分別されるのですが、それぞれ灰・黄・赤・黒・白とあります。

中でも特に注目されているのが、白のプエラリア

この白のプエラリアは植物性のエストロゲン・イソフラボンなどの有効成分が豊富に含まれています。

 

またプエラリアは、とても希少で敏感な植物なので、樹齢や環境によって主要成分の含有量やクオリティに大きな違いが生じます。

そのため日本でも販売されている、数多くのプエラリアサプリと称された商品にも・・・実はプエラリアの品質に大きな差が出てきます。

 

しかも良質なプエラリアを使用したサプリを飲用していても、飲用方法や摂取量を間違えてしまいますと、副作用を招く危険性もあるんですね。

この事からプエラリアを摂取する場合は十分な用法・容量を守る事が大事になります。

 

なんでプエラリアを摂取したらバストアップができるの?

プエラリアの副作用をお話しする前に、まずはプエラリアの成分や効果を解説していきたいと思います。

なぜ、プエラリアはそこまでバストアップ効果が高いのかを詳しく解説していきます!

 

まずはバストアップの仕組みを理解しよう

ご存知の方も多いと思いますが、バストの大きさに関係してくるのが、女性ホルモンですよね。

特に『エストロゲン』と呼ばれるホルモンです。

 

女性ホルモンには大きく分けて2種類あります。

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

この2つのホルモンによって乳腺が刺激される事によって、胸に脂肪がつきやすくなるというメカニズムになっています。

 

プエラリアの本当の効果とは?

プエラリアはこのバストアップに欠かす事のできないエストロゲンの代わりとなる植物性エストロゲンという成分が含まれています。

この成分を身体がエストロゲンだと錯覚し、バストアップを助けてくれるという流れになります。

 

バストアップの流れを見やすくしましたので、チェックしてみてください。

  1. 植物性エストロゲンを摂取
  2. 脳がエストロゲンの分泌と認識
  3. 乳腺を刺激
  4. バストアップ

この4つの段階を経て、バストアップが行われるという流れですね。

 

つまりプエラリアは実際にエストロゲンを分泌するのではなく、エストロゲンに似ている植物エストロゲンという成分が含まれているんです。

摂取することによってバストアップすることができるというのは、こういったことを意味するのです。

 

じゃあ植物性エストロゲンとは?

では『植物性エストロゲン』って何?と、疑問に感じている女性も多いと思いますので、詳しく、そして、できるだけ噛み砕いて解説していきます。

プエラリアに含まれる植物性エストロゲンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似たような性質を持っています。

これは先ほど、説明したので理解できていると思います。

 

しかし、この成分が女性ホルモンの分泌を促したりするわけではありません。

そもそも、エストロゲンの分泌は生涯でスプーン1杯分ほどしかできないんです。

できないというか、人間の仕組みとして、あらかじめ決まっているんですよね。

もし、プエラリアに含まれている植物性エストロゲンがエストロゲンの分泌を促してしまったら、体が大変なことになりますよ。

 

ではこの植物性エストロゲンが、どのように作用するのかと言うと、女性ホルモンのエストロゲンの受容体と結合するんですよね。

その結果・・・エストロゲンと同じような女性ホルモンの分泌作用を起こしてくれます

これがバストアップする体の仕組みとなっています。

少し難しいお話しになりますが、今お話しした内容はバストアップの本当のメカニズムになりますので、しっかりと理解しておいてくださいね。

 

プエラリアに含まれている植物性エストロゲンとは?

  • プエラリン
  • ミロステロール
  • デオキシミロステロール
  • ゲネスチン
  • ダイゼニン

これらの成分はすべてプエラリアに含まれる植物性エストロゲンになります。

中でも美乳効果があるとして有名なのがプエラリンです。

このプエラリンが多く含まれているほど高品質であると捉えられているくらい、プエラリアの中でも大切な成分の1つです。

 

これらの成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を促すことから、黄体期に摂取すると効果がないだけでなく、副作用を引き起こす可能性があるんです。

そのため卵胞期に摂取することが好ましい成分です。

 

逆に黄体期に作用するバストアップ成分としては、ワイルドヤムやチェストベリーがあります。

卵胞期に作用する成分(プエラリアなど)と黄体期に作用する成分(ワイルドヤムなど)を混合して作られているサプリメントは危険で、副作用を引き起こす恐れがあるので注意しましょう。

 

つまり、バストアップサプリの成分表を見ると、プエラリアとワイルドヤムが同時に併用されて配合されているかと思います。

この2つが配合されているバストアップサプリは副作用を起こす危険があるんですね。

 

プエラリアの副作用は?

副作用の危険性

では、今から今回のメインテーマでもあるプエラリアの副作用を解説していきます。

頭痛、腹痛といった体調不良になった等、プエラリア配合サプリを飲んでいる人の口コミの中でこのよう副作用が出たというものをよく見ます。

『プエラリアを飲むと、副作用が起きる可能性がある』というのは割と有名な話・・・というかニュースでも報道されていましたよね。

 

プエラリアは非常に効果的なサプリメントになりますが、間違った使い方をしてしまいますと、副作用がおきてしまう可能性もあります。

では、一体どんな副作用があるのかを詳しく解説していきたいと思います。

 

副作用の種類は?

バストアップにとても効果的と言われるプエラリアですが、この成分を摂取できる方法はサプリとしての経口摂取だけです。

プエラリアの副作用=プエラリアサプリを飲んだことで引き起こされるもの。

 

想定される症状としては・・・

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 吹き出物
  • 肌荒れ
  • 生理不順
  • 太りやすくなる

これらの副作用があると言われています。

 

なぜ副作用が起こってしまうのか?

ではなぜプエラリアを飲むことで、頭痛や生理不順などの副作用が起きてしまうのでしょうか?

その理由は、プエラリア自体に含まれている植物性エストロゲンの育乳作用にあります。

 

植物性エストロゲンは、女性の身体の丸みや美肌、美しさ、バストを作り出す女性ホルモン『エストロゲン』にとてもよく似ている成分です。

この植物性エストロゲンが豊富に含まれているプエラリアをサプリとして体内に摂取することで、エストロゲンの分泌を促進させ、バストアップを叶えるという仕組みなのです。

 

ですが・・・この女性ホルモンが過剰に増えてしまうと、全体のホルモンバランスが悪くなってしまい、身体が必至に元の状態に戻そうと働き始めます。

これは頭痛や腹痛、その他の病的症状として身体に表れます。

 

これが、プエラリアサプリを飲んだ時の副作用の正体になります。

つまり、副作用とは、女性ホルモン『エストロゲン』の過剰分泌が原因で起こるものなのです。

 

プエラリアの副作用の原因とは?

バストアップサプリの危険性

プエラリアの副作用はプエラリアに含まれている植物性エストロゲンを過剰摂取する事が原因だと分かりました。

では、もっと細かく・・・その事を細分化していきたいと思います。

細分化する事で、よりプエラリアの副作用の理解が深まるかと思います。

 

過剰摂取

これは先ほども言いましたが、重要なのでもう一度解説しておきます。

プエラリアの過剰摂取によって副作用が起こる事は、この記事をしっかりと読んでいる人だとよ〜く理解できたかと思います。

プエラリアの副作用が起きるケースとして一番多いのは、やっぱり『サプリの過剰摂取』なんですよね。

 

プエラリアを含んだサプリを身体の許容範囲を超えて、必要以上に摂取することで、エストロゲンの過剰摂取が起きてしまい、体調不良になってしまうんです。

バストアップを早急にしたい気持ちは分かりますが・・・しっかりと用法容量をしっかりと守る事が大事なのです。

 

体質

体質によって、副作用が起こる事があります。

人の身体の中に生成されるホルモンの量はある程度、決められていると言われています。

その中でも大きく分けて、タイプが2通りあります。

 

それは・・・

  • 女性ホルモンの分泌が一定の人
  • 女性ホルモンの分泌が少ない人

この2通りの人が存在します。

 

一定量の女性ホルモンが分泌されている人は・・・

  • 普段の月経時の生理痛が必ず起きる
  • 生理前から体調が悪くなりやすい

といった人が当てはまりますよね。

実はこのような人は、サプリを過剰に摂取すればするほど副作用が起きる確率が高くなるんですよ。

 

逆に女性ホルモンが少ない人は・・・

  • 月経時はあまり生理痛にならない
  • 少なすぎて無生理

などといった人が当てはまります。

このような人はプエラリアによる副作用が起きにくいとされています。

まぁこれはこれで別の方面で心配した方がいいですが・・・。

 

このように、個人の体質によって、プエラリアの副作用を受けやすい人、そして受けにくい人が存在する事を理解する事も大事なのです。

 

風邪薬や鎮痛剤などの医療薬と併用

風邪薬や鎮痛剤などの併用は基本的には可能ではありますが、そういう場合は体調を第一にして一旦プエラリアサプリの服用をストップさせておきましょう。

一時服用をストップしたからといって、ぱったり育乳効果がなくなるということにもなりません。

 

また、体調が悪くて医師から薬を処方してもらう際に、プエラリアサプリを飲んでいる事を必ず医師に伝えておくようにしましょう。

薬の種類によっては相性がよくないものもあります。

 

同じプエラリア配合サプリと併用

基本的に、プエラリアを含んだサプリもそれ以外のサプリも『健康補助食品』というくくりになりますので、1粒飲んだだけで、すぐに大きな変化をもたらすわけではありません。

なので、基本的にプエラリアサプリ+他サプリの併用については影響が大きくないので問題ありません。

 

ですが・・・プエラリアと同じように女性ホルモンに作用する成分を含んだサプリとの併用は、必ず避けてください。

エストロゲンを分泌させるサプリを2つ一緒に飲むという事になりますので、これも先ほどご紹介した、過剰摂取の原因となってしまいます。

 

このように、プエラリアの副作用の原因はたくさんある事が分かりました。

この記事を読んでいる人の中には、プエラリアの副作用を受けた女性もいる事と思いますが、何か当てはまる事はないでしょうか?

プエラリアの副作用は、このような原因が無ければ、まず副作用を起こす植物ではありませんので、しっかりと今の自分の状態を把握して、副作用にあった原因を見つけ出す事が大事です。

 

副作用を起こさない方法とは?

では、ここからはプエラリアの副作用を受けない為に、理解しておく事を解説していきたいと思います。

先ほどから口を酸っぱくお話ししているように、副作用の原因は、サプリ成分の過剰摂取によるホルモンバランスの崩れがほとんどです。

 

もともと女性ホルモンが少ない人でも、一定の人でも、自分の身体が許す一定の女性ホルモン量を超えてしまうと、身体が『あっ、やばい!女性ホルモンが多くなってる!ホルモン偏ってる!直さなきゃ!!』とがむしゃらに働いてしまいます。

結果的に身体のあちこちに不調を起こすのです。

 

ここまで読んでくれている人はもしかしたら、プエラリアの副作用に対する不安がどんどん膨らんでいる事と思います。

ですが、ご安心ください。

プエラリアは有害な植物ではありません。

 

また、サプリの過剰な摂取が副作用を起こすのですから、摂取量が過剰でさえなければ副作用が起きる確率は減るという事は簡単に理解できるハズです。

 

この事から、プエラリアの副作用を起こさない方法は『過剰摂取』を避ける事・・・この一言に尽きます。

プエラリアサプリは自分に合った配合量のものを適切な摂取量で飲むことが大事なのです。

 

じゃあプエラリアの適正摂取量は?

実はプエラリアは女性ホルモンへの作用が強い成分であり、副作用が起きる可能性があるという理由から、日本と原産国のタイでは1日のプエラリアの摂取量の目安が設けられているんです。

タイでは決まりになっていて、サプリメントとしてのプエラリアの摂取量は1日100mgまでと定められています。

 

日本のサプリメントのほとんどは、1日の摂取量が100mgを超える配合率のサプリになります。

 

『えっ!?100mg超えてる・・・。』

 

なんて、思ってしまいますが、ご安心ください。

この数値はそれぞれ製造会社が研究とテストを重ねて『日本人に適切な配合量』として決めているので、不安になる必要は全くありません。

また、プエラリアの加工方法によっては微粒子化や乾燥粉末など、成分の濃度の違いなどもあるのでそこもチェックしておきたいポイントになります。

 

おすすめのプエラリア配合サプリメントは!?

さて、ここまでプエラリアについて深く学んでいただきいましたが、正しく使うことでバストアップを測ることができます。

そこで管理人が実際におすすめするバストアップサプリメントをご紹介しておきましょう。

 

一つ目は、マシュマロヴィーナスというサプリメントです。

サプリメントというよりはバストアップゼリーという方が正しいかもしれません。バストアップするためには毎日しっかりと継続するということが大切なのですが、継続しやすいように持ち運びがしやすく、毎日楽しく続けられるゼリー状に仕上げたのがこのマシュマロヴィーナスで多くの女性がこのバストアップゼリーで理想のバストに近づいています。

 

二つ目は、女性の生理周期に合わせて、効率よくバストアップすることができるLUNA(ルーナ)です。

生理中は、プエラリアが含まれていないタイプのサプリを摂取して、そのあとにプエアラリアが配合されているサプリを摂取するという二つのサプリが組み合わさった新しいタイプのモノ。

こちらも非常に人気があり多くの女性が利用していることで話題になっているサプリです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はプエラリアの副作用や危険性に関してご紹介していきました。

プエラリアで副作用を起こす人のほとんどが過剰摂取の可能性が高いという事が分かりました。

 

タイはもちろんの事、ここ日本でも貴重で優秀な成分であるプエラリア。

普通に摂取しているだけですと、副作用は起きません。

美容成分・健康成分としても使用されているくらいですからね!

 

この事から、プエラリアを摂取する際は用法容量をしっかりと守っていきましょう。

そうすれば、必ずプエラリアの効果を最大限、得る事ができるでしょう!!

おすすめのバストアップアイテム

nightbura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031